Medicine

目の疲れの対策

目の疲れの原因

Pills

最近はパソコンや携帯を使うことが多くなり、目の疲れを感じる人も多くなりました。 原因はもちろん液晶画面の見すぎによるものが主なのですが、それだけが原因ではありません。 たとえば、画面を近くで見すぎている、画面を真正面から見ていない、携帯などで下向きに見ている、暗いのにそのまま見続けるなどといったことも目の疲れをひきおこす要因の1つとなります。 見方が良いか悪いかだけでも差はあります。 他にも、赤と青の点滅や目を回すものを見ることも目にかなりの負担をかけることになります。これらは目の疲れになるだけではなく、非常に目に悪い危険なものなので見るのを極力さけるようにしてください。3D映像も目の疲れを引き起こしやすいですが、長時間でなければそこまで心配することはないでしょう。

疲れを感じたら

基本ではありますが、目の疲れを感じたら、目を閉じたり遠くを見たりすることで休ませることが大切です。画面を見るのはできるだけ一時間ずつにして、五分は休憩をとるようにしましょう。目を酷使することが問題なので、ほんの少しだけでも休ませることで目の疲れを感じにくくなります。あと、目が疲れている人はマッサージもいいですがホットタオルなどであたためて血行を良くすることも効果的です。この方法は花粉症のときにも利きます。ちなみに、普段の生活において遠くの風景を見る機会があまりない人もいるかもしれません。その場合、可能であれば目をつむってなるべく遠い空を見ているイメージをするのもいいかもしれません。あるいは目に良いとされる緑色のものや植物を近くに置くのもいいでしょう。ちなみに最近は液晶用のメガネもあります。普段ずっと画面をみていなければいけない人は買っておくといいでしょう。