Medicine

改善と今後

一般に行われている眼精疲労対策

Pills

現在、ほとんどの人たちがパソコンやスマートフォンを使用する時代となりました。そこで現れた目の症状である眼精疲労。今現在、一般的に行われている対処法が蒸しタオルで目を温めることだ。また、マッサージを行う方法もある。しかし、これは一時的な効果があるだけで、症状のひどい眼精疲労の場合は対処しきれない。眼精疲労が原因で頭痛や、肩こり、腰痛など数多くの症状が引き起こされる。まずは、パソコンやスマートフォンを使う時間を減らすことから始めて必要がある。極力必要のない場合は使わない。仕事をするときにどうしても使わなければならないときは、照明の明るさを調節するなどの工夫が必要だ。パソコン、スマートフォンの使い方、使用する環境をまずは変えていこう。

最先端で解消される様々な症状

今後ますます、パソコンやスマートフォンの需要が高まるため、眼精疲労の問題は深刻化するはずだ。そこで、眼精疲労改善の技術において、最先端のものが活躍に期待をもてる。3Dビューワーにスマートフォンをセットして数分間映像を眺めるだけで、眼精疲労が改善されるのだ。この技術を使えば数多くの患者を救うことができる。 この技術はまだ開発途上であり、すぐに実践できるものではないが、これからパソコンやスマートフォンの普及に向けて開発された技術だ。この技術を使うことで、目の調節機能の緊張と弛緩を行い、眼の筋肉のストレッチを行うことができる。眼の疲れをとることは様々な症状を解消してくれる。頭痛や肩こり、腰痛なども解消される。様々な技術が開発されるなかで、最も注目されているものの一つである。